« この世には「義」があふれてる! | トップページ | ニュースになっていいのかなあ…… »

2016年8月20日 (土)

時を跳び越えたその先は?

Photo

 筒井康隆さんの名作、『時をかける少女』。ある夕方、理科実験室で怪しい人影が消えるのを目撃した和子は、翌朝の登校の途中、不思議な経験をします。

 「信号を無視した大型トラックが、和子たちのほうへ、交叉点のほうから驀進してくるのだ」

 避けようとして友だちとぶつかり、転んでしまう二人。絶体絶命! というところで、彼女は初めてのタイム・リープを経験することになります。

 この作品は、もともとは中学3年生に向けて連載が始まったもの。そのためでしょう、文章でもむずかしい漢字はほとんど使われていません。それだけに、「驀進」という熟語が、とても印象に残ります。

 前日に戻った和子は、一度習った授業を受け、一度やった宿題をし、一度過ごした夜を同じように過ごします。そうして、いよいよ翌朝の登校の途中。

 「交叉点のほうから、大型トラックが暴走してきた」

 しかし、今回は、和子の注意深い行動により、二人は事故に巻き込まれないで済んだのでした。

 前回、「驀進」してきた大型トラックは、今回は「暴走」。和子は同じ時間をくり返して生きているようで、実は前回の今朝と今回の今朝は、完全に同じ時間ではない。そのことが、この二つのことばに現れているように感じます。

 だとすれば、前回の時間は、どこへ行ってしまったのでしょう? 和子が大型トラックにひかれてしまった時間の流れも、存在しているのでしょうか。

 時間もののSFは、考えれば考えるほど、わけがわからなくなりますね!

*   *   *

 ところで、「毎日ことば90秒」の動画、本日、最終回が配信となります。今回、取り上げるのは、以前、このブログでも扱った「〆」や「〼」の問題。下記ページよりご覧になれますので、どうぞ。
http://mainichi.jp/koetsu/

 また、学習院生涯学習センターで、9月14日の(水)から「おとなのための漢字学習」という全6回の講座を開催いたします。詳細は、下記ページに。ご興味のある方は、ぜひともご参加ください。
http://open.gakushuin.ac.jp/course/detail/2016/B/029/

|

« この世には「義」があふれてる! | トップページ | ニュースになっていいのかなあ…… »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

「時をかける少女」
NHKドラマ「タイムトラベラー」でほとんどリアルタイムで見ました。・・歳がわかってしまうが・・・
SFには一時期嵌りました。
先生の言う通り真面目に考えると訳が分からなくなってしまうタイムトラベル関係。
深く考えずに楽しんだほうがいいですよね。

「驀進」は自分のほうに向かってくるのを表そうとしたのでしょうか。
「馬」がついているのが面白い漢字ですね。

投稿: モフモフ | 2016年8月24日 (水) 16時50分

そうでしたか、モフモフさんは元SFファンでもあらせられましたか……。
私はSFやミステリは主に海外ものを読んでいたものですから、タイム・トラベルとなると、ハインラインの『夏への扉』が印象に残っています。
「驀」は、漢和辞典ではよく「まっしぐら」と説明してある漢字。そう言われてみると、「暴走」よりも「驀進」の方が、一直線というイメージが強いですね。

投稿: 円満字 二郎 | 2016年8月25日 (木) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/67093505

この記事へのトラックバック一覧です: 時を跳び越えたその先は?:

« この世には「義」があふれてる! | トップページ | ニュースになっていいのかなあ…… »