« 今夜はどこで寝るのやら…… | トップページ | この世には「義」があふれてる! »

2016年8月 6日 (土)

お仕事に関する情報いろいろ

 去る8月2日に、福井県の教育庁さんからお招きにあずかり、県立図書館にて漢字文化講座「四字熟語で読み解く小説の世界」という講演を行ってまいりました。お集まりいただいた約100名の聴衆のみなさん、そして教育庁の生涯学習・文化財課の方々、ありがとうございました。

 その際にお聞きしたのですが、福井県では、「白川静漢字教育賞」を実施しています。学校教育のみならず、広く、漢字の教育に関わる実践を表彰する賞だとのこと。今年の応募締め切りは、9月9日。詳細は、下記をご覧ください。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/syoubun/shirakawa/kannjikyouikusyou4.html

 ところで、前々回、ご紹介した「毎日ことば90秒」の動画、本日、2回目が配信となります。今回のテーマは、「『越』と『超』の使い分け」。毎日新聞社さんは太っ腹で、拙著『漢字の使い分けときあかし辞典』(研究社)の宣伝をさせてくださるという次第。下記ページよりご覧になれますので、どうぞ。
http://mainichi.jp/koetsu/

 なお、前回の「毎日ことば90秒」で取り上げた「○育語」について、さまざまな情報をお寄せくださった方々、ありがとうございました。拙HP内の「○育語辞典」にも、とりあえず7項目を追加いたしました。まだまだ追加していけるのではないか、と思っております。よろしくお願いします。

 宣伝をもう1つ。岩波書店の雑誌『図書』の最新号に、拙稿、「出版創業者たちの物語——『路傍の石』を読み直す」を掲載していただきました。次号と合わせて上下2回で、山本有三の『路傍の石』を出版業界小説として読んでみよう、という試みです。ぜひ、ご一読ください。

 最後になりますが、今日は71年目の広島原爆の日。原爆のために命を落とされたすべての方々に、心より哀悼の意を捧げます。

|

« 今夜はどこで寝るのやら…… | トップページ | この世には「義」があふれてる! »

コメント

円満字さま

○育語辞典にご採用いただいた語があり、有難うございます! また折を見て探せたら、と思います。

「毎日ことば90秒」2回目拝見しました! 私なら、「80歳を越えてますます元気だ」、「利害を超えて協力する」と書くでしょうか…。 新聞では、あとに「愛」が来ると、「超」となるのですね。国境が地平線上の見えない境目であるだけではなくて、障壁として上方向にも立ちはだかるというイメージを持つようになるのですかね。

自分の授業で『漢字の使い分けときあかし辞典』「きわめる」の頁を紹介したら、数日後、「昨日うちに注文してたのが届きました〜! 最初の『あう』のところとか、読んでたらおもしろかったです!」と報告をくれた女の子と、「文章がおもしろいですよね。昨日本屋さんに見に行ったら、部首のもあるんですね!」と話にきてくれた男の子がいました!! うれしかったです。

原爆投下から、もう71年。自分の場合、特に小学校の授業で、原爆や空襲について深く習って考えた記憶があります。伝え聞く私たちが、風化させないように引き継いでいきたいです。

投稿: しろねこ | 2016年8月 6日 (土) 18時24分

しろねこさん、いろいろありがとうございます。
「愛」に関しては、世俗的な国境とは次元が違う、というイメージなんじゃないかと、私は思っております。
拙著の宣伝までしてくださっているなんて、感謝、感謝。教え子のみなさんに、輝かしい未来が開けていることを祈ります。

投稿: 円満字 二郎 | 2016年8月 8日 (月) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/66866513

この記事へのトラックバック一覧です: お仕事に関する情報いろいろ:

« 今夜はどこで寝るのやら…… | トップページ | この世には「義」があふれてる! »