« ロマンチックすぎる物語 | トップページ | 残念なタイミング »

2015年3月27日 (金)

この勢いは止まらない!

Photo

 昨日、我が家の郵便受けに入っていた、ヤマハさんのチラシ。「音育」なることばが目を惹いたのですが、ちょうど、『週刊読書人』の拙稿連載「漢字点心」の3月13日の回で、「○育」ということばについて書いたところでした。

 そこで取り上げたのは、「木育(もくいく)」「花育(はないく)」「水育(みずいく)」「火育(ひいく)」「香育(こういく)」「服育(ふくいく)」「色育(いろいく)」「街育(まちいく)」、そして「マネ育」。その校正が終わったあとに、テレビを見ていたら「掃育(そういく)」なることばがあることを教えられ、さらに今回、ぼくのコレクションに「音育(おんいく)」が新たに加わった、というわけです。

 よくまあ、次から次へといろんな「○育」を造り出すものだなあ、とちょっとあきれてしまいますが、そもそも、「知育」「徳育」「体育」というのが、教育学の用語として、明治の中ごろに造られたことば。「美育」「食育」が生まれたのはそれから間もなくのことで、現在では国語辞典にも載っています。「○育」は、以外と由緒正しい漢字の使い方でもあるわけです。

 これらのことばをネットで検索してみると、興味深いことに気づきます。それは、「水育」はサントリー、「火育」は大阪ガスや東京ガス、「香育」は日本アロマ環境協会、「服育」は繊維会社のチクマなどなど、業界や企業などが、それぞれの分野の啓蒙・普及活動の一環として始めているということ。冷めた見方をすれば、顧客と需要を掘り起こすためのスローガンとして、「○育」が次々と生み出されているというわけです。

 考えてみれば、「就活」「婚活」に始まった「○活」にも、同じような側面が指摘できそう。新語もまたビジネスの一部だというわけで、今後も数多くの「○育」が誕生することになるのでしょうね。

|

« ロマンチックすぎる物語 | トップページ | 残念なタイミング »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/59421345

この記事へのトラックバック一覧です: この勢いは止まらない!:

« ロマンチックすぎる物語 | トップページ | 残念なタイミング »