« 2014年2月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

思い切って書いてみました!

Photo_2

 いつか作ってみたいけれど、はたして売りものになるやらどうやら……。

 書籍編集者ならば、そんな本の企画を1つや2つ、袖の下に隠し持っているのではないでしょうか。ぼくにとっては、『列子』に関する本がそれでした。

 『列子』とは、漢文の古典の1つ。「杞憂」とか「朝三暮四」といった故事成語の出典だといえば、ちょっとは聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

 この書物、漢文だからおカタイ内容かと思いきや、そんなことはありません。たとえば、心臓入れ換えの大手術をしたら、人格まで入れ替わってしまったという話。死なない方法を発見したと主張していたのに死んでしまった、あやしい学者の話。さらには、歌って踊れるロボットがウィンクをする話などなど、一風変わったおもしろい物語がたくさん詰まっているのです。

 そこで、『列子』をテーマに本ができないか、と考えるわけなのですが、いかんせん、この書物はマイナーすぎます。ただでさえ、「今どき漢文?」と首をかしげられてしまうこのご時世。『論語』や『老子』『史記』といった有名古典であれば、まだそれなりに読者もつきますが、『列子』と聞いて手に取ってくれる読者が、どれくらいいるものでしょうか。

 というわけで、著者としては「ぜひとも書いてみたい!」と思いつつ、編集者としては「商品化に難あり!」と自制して、これまで、手を付けずにいたのでした。

 それを、なんと、あの新潮社さんが選書の1冊として出して下さる、というのです。ありがたや!

 その結果、できあがったのが、新刊の拙著『ひねくれ古典『列子』を読む』(新潮選書)です。

 みなさん、どうか、なじみのない古典がテーマだからといって、敬遠したりなさらないで! 大昔の中国の人々が書き残してくれた、想像力あふれる摩訶不思議な世界を、楽しんでいただければと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2015年1月 »