« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月13日 (水)

未来への心配

 40代も後半にさしかかってきますと、昔では考えられなかったような悩みが出て参ります。曰わく、肩こり、冷え症、目のかすみ。

 そして、何よりも厄介なのが、口臭であります。そこで、1日に何度も歯を磨いたり、マウスウォッシュを使ってみたりするわけなのです。

 先日も、口をくちゅくちゅやりながら、なんとなく、マウスウォッシュの容器を眺めておりましたら、こんな表示が目に飛び込んできました。

Photo

 一時はCMでイヤと言うほど聞かされたキシリトールや、不勉強にて耳にしたこともないエリスリトール、そして昔なつかしい響きのサッカリンNaなどは、みんな「嬌味剤」だというのです。ちょっと、見たことのない熟語ですね。

 「嬌」は、音読みではキョウ。女性としての魅力があることを表す漢字で、「愛嬌」のように使います。とすれば、「嬌味剤」は、はやりのことばで言うと「女子力アップ」の薬剤なのでしょうか?

 調べてみると、「矯味剤」ということばは、国語辞典にも載っているようです。「味を矯正する薬剤」ということでしょうが、キシリトールなどなどに対して用いるには、「矯」という漢字はなんだかキツすぎますね。

 そこで、「矯」を「嬌」に変えて、「嬌味剤」という熟語が生まれたのではないかと思われます。しいて説明してみれば、「口当たりをやわらかくする薬剤」といった意味合いなのでしょう。

 ちなみに、近所のドラッグストアで、各社のマウスウォッシュを比べてみましたが、ほかに「嬌味剤」という熟語を使っているものは見当たりませんでした。とはいえ、ネットではそれなりに使われているようです。

 この熟語が市民権を得た日には、漢和辞典の「嬌」の意味も、少し書き直さないといけない。そんなことを、心配したりしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

他人とは思えません!

 昨日のNHKのニュースで、ちょっと興味を惹かれた話がありました。

 国がメタボ対策の資料とするため、何億円だかをかけて、特定健診のデータと診療報酬明細書のデータを集めているそうです。特定健診でメタボと診断された人が、その後、どんな診療を受けることになったかを分析するのがねらいです。

 ところが、この2つのデータを突き合わせようとしたところ、うまくいかないことがわかったのだとか。

 なんでも、特定健診のデータは、受診者の名前がカタカナ、生年月日が西暦なのに対して、診療報酬明細書は漢字仮名交じりで和暦。それぞれ、暗号化してから突き合わせるのですが、元データの形式が異なっているので、うまく突き合わせられないらしいのです。

Photo

 またぞろ、似たような問題の発生ですね。いつぞやの「消えた年金」問題でも、漢字の氏名に適当に読み仮名を付けていったところから、データが突き合わせできなくなったのでした。

 パソコンの普及によって、漢字はとても使いやすくなった、と言われています。それはその通りなのですが、まだまだ、不便な面が存在しているのですね。名前の漢字をどう扱うかは、その代表例ではないかと思われます。

 それはともかく、このNHKニュース、例として、「肥満次郎(ヒマン・ジロウ)」さんという架空の人物を取り上げています。どうして次郎さんなのでしょうねえ。

 子どものころ、ひどくやせっぽっちだったにもかかわらず、「ヒマンジ・ジロウ」とからかわれた思い出のあるぼくとしては、他人事とは思えないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

待ちに待った……!

Photo

 3か月ほど前に予約してあった、『水曜どうでしょう』の新しいDVDが、ようやく手に入りました。わが家は、たぶん10年ほど前からこの番組のファン。テレビ埼玉やテレビ神奈川などで放送されるたびに、くり返し観ています。

 というより、2人そろって観るテレビ番組は『水曜どうでしょう』だけだ、と言った方が、正確なくらい。

 DVDはそんなに買い集めてはいないのですが、今回は、わけあって永遠に再放送されることがないと思われる「原付西日本制覇」ですから、これはもう、予約開始とともに飛びついたわけです。

 早速、最初の方だけ観たのですが、思いがけず、「どうでしょう軍団」が兵庫県の出石町で皿そばを食べているシーンが出て来て、ちょっと感動しました。

 あれは小学生のころでしたでしょうか。両親と妹と、お城好きの親友とで、出石の城下町へ出かけたことがありました。苔むした石垣の裾を洗う流水が美しい、それはそれはすてきな町でありました……。

 そうでなくても、兵庫県に生まれ育ったぼくの胸には、但馬地方から鳥取、島根にかけての思い出が、いくつも詰まっています。

 そんなこちらの感傷にはおかまいなく、山陰路を駆け抜けていくどうでしょう軍団。

 その快走ぶりを、週末、じっくりと楽しむことにいたしましょう。

 それにしても、予約特典のおまけのこのフィギュア、あまりにも怪しいです……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »