« 日曜の朝の習慣 | トップページ | 待ちに待った……! »

2013年8月31日 (土)

新しければこそ……?

 だいぶ前に、「翔」という漢字が入った名前の高校が目立ちますね、という記事を書いたことがありました。その際に、知り合いから、「館」も多くないですか? というご指摘をいただきました。それ以来、ずっと気になっていたので、夏の終わりに調べてみることにいたしました。

 今回、調べがついた範囲では、「函館」「角館」「館山」のように地名に「館」が付いているものを除くと、「館」を名前に含む高校は、全国で88校ありました。なかなかの数ですね。

 これらの中には、もちろん、「超」が付くような伝統校もあります。山形県の米沢興讓館、愛知県の時習館、福岡県の修猷館などなど、江戸時代の藩校や私塾に起源を持つ学校です。また、東京都の東京女学館や郁文館は明治時代、京都府の立命館高校は大正時代。これらも含めて、大正以前に設立されて現在の高校にまで続いている学校は、14校ありました。

 昔は、勉強のみならず、武芸なども含めて、何かを学ぶところには「○○館」という名前を付けるのが定番でした。「館」という漢字には、そういうイメージがあるのでしょう。

 そのイメージが高校名に復活し始めるのは、昭和の終わりごろのようです。特に平成に入ってからは、学校そのものの統廃合や、学科の再編にともない、新しい高校名が増えていきます。その中で、「館」という名前を持つ高校も、急激に増えていくのです。平成以降に登場した「館」を含む高校は、59校を数えます。フレッシュさの中にも格調の高さを持たせたいという思いが、この漢字を選ばせるのでしょうか。

 地域別にみますと、九州に31校もあるのが目立ちます。中でも、福岡県だけで12校。そのうちの8校が平成16年以降という急成長ぶりです。

 新しい時代に対応しつつも、伝統を受け継いでいかなくてはならない。現在の教育という営みに課せられた問題が、「館」の字には反映されているのかもしれません。

|

« 日曜の朝の習慣 | トップページ | 待ちに待った……! »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/53095292

この記事へのトラックバック一覧です: 新しければこそ……?:

« 日曜の朝の習慣 | トップページ | 待ちに待った……! »