« あんまり増えると困りますが。 | トップページ | 帯と呼ぶには太すぎる! »

2013年7月18日 (木)

あくまでシャレなんですからね!

 もう5年ほど前のことになりますが、お正月に実家に帰省したついでに、お天気のいい午後、神戸のハーバーランドへと出かけました。なんてことなくぶらぶらしただけだったのですが、そこで見かけたのが、この写真です。

Photo

 子ども向けに宝石さがしをさせてくれるアトラクションなのですが、その名を「宝石の磊」といいます。何と読むのかな、と思ってよく眺めると、左側の看板の「磊」には「もり」とルビが振ってありました。

 「森」には、特に固有名詞などで、「何かがたくさん集まっている場所」を指す用法があります。そこで、「宝石がたくさん集まっているところ」という意味で「宝石の森」と名づけたかったのでしょうが、宝石なのに「木」が3つはおかしい。というより、おもしろくない。そんなわけで、「石」を3つにして「もり」と読ませてみた、といったところでしょう。なかなかシャレた名前です。

 ただ、「磊」はきちんと存在している漢字で、音読みでは「ライ」。「石がごろごろ転がっている」という意味です。「磊落(らいらく)」というと、ごろごろと転がっている石のように、細かいことにこだわらないでスケールが大きいことを指します。「豪放磊落」なんていう四字熟語は、現在でもけっこう使われる表現でしょう。

 つまり、「磊」を「もり」と読むのは、あくまでシャレ。子ども向けのアトラクションだけに、「間違って覚えたらどうするんですか!」なんていうクレームを受けてなければいいけれど……と、ひとごとながら心配したのでした。

|

« あんまり増えると困りますが。 | トップページ | 帯と呼ぶには太すぎる! »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/52505142

この記事へのトラックバック一覧です: あくまでシャレなんですからね!:

« あんまり増えると困りますが。 | トップページ | 帯と呼ぶには太すぎる! »