« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

たまには粘ってみるもんだ!

Photo

 梅雨の晴れ間をねらって、徒歩20分くらいのところにあるスーパーへ出かけました。お目当ては、キャットフード。この近くでは、そこが1番、安いのです。

 ところが、着いてみると、うちに出入りのフリー猫くんが気に入っている「バランス」だけが品切れです。あれま、と思っていると、眼鏡をかけた大柄なお兄ちゃんが、いくつもの段ボール箱をよっこらしょと担いでやってきました。そのうちの1つに、「バランス」の文字が!

 陳列作業の合間に、と、店内をぐるりと1周して、夕食のハヤシライス用にアメリカ産の牛こま切れをゲット。戻ってきましたが、「バランス」はまだ開いていないので、もう1周。そんなことをくり返して何周かしているうちに、プリングルスのサワークリーム&オニオンが198円で出ているのを見つけ、思わず買い物かごへ。余計な買い物です。

 でも、例のお兄さん、こちらがお目当ての箱にはなかなか手を付けてくれません。そのうち、ちょっと離れたところに置いてあった、また別の大きな箱のガムテームをはがし始めました。

 これは、時間がかかりそう。今日はあきらめるか。また来ればいいんだし……。

 そう思ってレジへと向かったのですが、会計を終えたあと、やっぱりもう1度だけ! キャットフード売り場に戻ってみると、段ボールはきれいに片付いて、お兄さんの姿もありません。棚を見ると、「バランス」が山積みに!

 こんなちっちゃなことでも、あきらめてはいけないんですね。この週末は、なんだかいいことがありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

昔とったきねづか

 電車のドアの脇に書籍の広告が見られるようになったのは、いつごろからでしょうか? もちろん、昔からあるものなのでしょうが、目立つようになったのは、ベストセラーになった片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』(小学館、2001年)のころからのように思います。

 先日も、西武池袋線でドアの脇に立って、なんとなく書籍の広告を見つめておりました。と、右下に「たちばな出版」という出版社名が書いてあるその肩に、何やら小さな文字が記されているのに気がつきました。ちょっと顔を近づけてよく見てみると、次のようにありました。
  座って読んでも
 一瞬、頭の中をはてなマークがいくつがよぎりましたが、やがて、今度はピカッと電球の絵が浮かびました。なるほど、「たちばな出版」と「立ち話」を掛けてあるのですねえ!

 こうなると、ぼくの中に住んでいるダジャレの虫が黙ってはいません。何を隠そう、中学3年生のときには、クラスで1番の「しょうもないこといい」に選出されたことだってあるんですから。ほかにも、こういうダジャレになりそうな出版社はないでしょうか。

 すぐに思いついたのは、
  大胆不敵な 新潮社
 ありきたりですね。では、次はどうでしょう。
  ポカリを飲んでも 三省堂
 ちょっと説明が必要かも? さらには、
  おしゃべりさんでも 岩波書店

 池袋までのひととき、そうやって楽しく過ごしたことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »