« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月22日 (月)

本日は外出中

Photo

 ここ数日、春らしからぬ寒い日が続いて、すっかり調子がくるってしまいました。それは、人間さまだけではないようで、わが家の玄関脇に住み着いているフリーランスの猫くんも、妙に元気がなく。段ボール箱の中で眠ってばかりでした。

 今日は、気温は低いものの、朝から快晴。彼女も、朝ご飯を食べたらさっそく外出。お留守の段ボール箱は、中まで明るい日差しに照らされています。

 2、3日前の猫くんときたら、とにかく1日中、眠りっぱなし。箱をのぞき込んでも、ふだんならすぐに目を覚ますのに、少しもそもそするくらいで起き出す気配はいっこうになし。気候の急変で体の調子が悪くなったのではないかと、ちょっと心配になるくらいでした。

 今から思い返してみると、フリーランス猫らしくもなくそれだけ熟睡しているということは、ちょっとは警戒心を解いてくれているのかなあ、と。

 食事を出すようになって1年半くらい。けっこう早い段階で撫でさせてくれるようになり、こちらの脚にもたれてのどをゴロゴロ鳴らしたりもするのですが、ちょっと物音を立てたりすると逃げていってしまいます。子猫のころにひどい目にあったのか、人間に対する警戒心がとても強いらしいのです。

 やっぱり「のら猫」だからなあ、と思っていたのですが、ほんの少しずつですが、彼女も心を開いてくれているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

いまどき、めずらしいもの

Photo

 芸術新聞社さんから、いよいよ、草森紳一著『李賀 垂翅の客』が発売になります。9世紀の初めごろに中国で活躍した詩人、李賀の評伝です。

 1965(昭和40)年から11年の長きにわたって連載され、未完に終わったあとも、ずっと気に掛けていらした、草森先生の幻の代表作。先生ご自身としては、連載のままの形で単行本化されることには意が満たない部分も多々おありでしょう。ただ、亡くなられてしまった今となっては、こういう形で1冊にまとまり、より多くの新しい読者を獲得できるとなれば、渋々ながら納得していただけるのではないでしょうか……。

 ぼくは今回、組版と校正を担当させていただきました。2段組で600ページを超える本文には、李賀の作品だけでなく、その注の引用もたくさん出て来ます。それぞれの原文との照合は、専門の先生にお願いしましたが、それでも、組むのも校正するのも、かなりたいへんな作業でした。「どうしてこんなに書きはったんですか?」と、天界の先生をお恨み申し上げたことも、しばしばでありました。

 そうやってできあがってきた本書は、造本がすごいですね! ぼくは外回りにはタッチしていないのですが、さすが、芸術新聞社さんです。上製、布クロスに金箔押し。さらには貼り箱にきっちりと収まった単行本なんて、いまどき、めずらしいのではないでしょうか。熊谷博人さんの装丁は、ものすごい迫力です。

 本体価格7000円はたしかに高いですが、それに見合うだけの、この存在感。どうです? 書棚に並べてみたくなるでしょう?

 これが、「本」というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »