« アトムとシンフォニーと漢字 | トップページ | 毛布と枕カバーを洗いながら »

2013年3月 4日 (月)

15年ぶりの棚

Photo

 先週末、朝日新聞出版さんから、週刊朝日別冊『みんなの漢字』が届きました。漢字パズルに、漢字に関するちょっとした読み物を組み合わせた、新しいタイプの雑誌です。

 こういう雑誌を本屋さんではどういうところに置くのかなあ、と思って、駅前の書店まで偵察に行きました。予想はしていたものの、『週刊朝日』が置いてあるような棚には、やっぱりありません。どこで見つけたかというと、「パズル雑誌」の棚でした。

 この棚には、面出しになって置いてあるものだけでも、30誌はあるでしょうか。ざっと見渡したところ、タイトルに「漢字」の2文字が躍っているものがかなりたくさん。棚の脇っちょには発売日一覧が貼り付けてあって、いつ出るかと楽しみに待っている読者が多いことがわかります。

 ぼくが漢和辞典の仕事を始めた、1990年代の後半のこと。新聞記事で、「漢字パズルの雑誌がちょっとしたブームだ」と目にした覚えがあります。20万部以上を売り上げているものもあると読んで、そういう読者をなんとか漢和辞典に呼び込めないものか、と頭をひねったものでした。

 当時も、本屋さんに現物を見に行ったものでした。ただ、雑誌の種類としては、両手の指で収まるくらいでしたし、ほとんどは季刊だったんじゃないかと思います。それが今では、数も増えて、しかも隔月刊・月刊が主流。この15年で、この分野の雑誌は確実に成長しているようです。

 そんな中に、『みんなの漢字』はどのような新風を吹き込むのでしょうか。

 ちなみに、今回、ぼくは漫画の原作という、ちょっと変わった立場で参画させていただきました。いったいどんな漫画なのか? ご興味のある方は、お近くの書店のパズル雑誌の棚へ、どうぞ。

|

« アトムとシンフォニーと漢字 | トップページ | 毛布と枕カバーを洗いながら »

出版・編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/49862594

この記事へのトラックバック一覧です: 15年ぶりの棚:

« アトムとシンフォニーと漢字 | トップページ | 毛布と枕カバーを洗いながら »