« カレーの邪道な作り方 | トップページ | 15年ぶりの棚 »

2013年2月25日 (月)

アトムとシンフォニーと漢字

Photo

 先週末、練馬区立石神井公園ふるさと文化館で開催中の特別展「鉄腕アトム放送50周年記念 アトムが飛んだ日」を、友人と一緒に見に行って来ました。

 チケットを買い、会場に入るなり聞こえてきたのは、ショスタコーヴィチの交響曲第5番「革命」。続いて、ベートーベンの「運命」交響曲。いったいなにごとかと思いきや、「鉄腕アトム」の記念すべき第1話が大画面で流されていて、ちょうど、アトムが誕生する場面なのでした。

 ぼく自身がリアルタイムで見た「アトム」は、カラー版の第2シリーズ。モノクロの第1シリーズは、見たことがありません。そんなこともあって、思わずその場に釘付けになって見入ってしまいました。

 天馬博士は亡き息子の代わりにアトムを開発するが、やがて、成長しないことに腹を立てて、サーカスに売り飛ばしてしまう。サーカスでは、見世物としてほかのロボットと戦わされるアトム。それを見て、心を傷めるお茶の水博士。しかし、人間たちを火災から救ったことがきっかけとなり、ロボットは奴隷のような地位から解放される……。

 と、まあ、これだけの話を正味25分の中でやってしまうわけで、50年前の作品とはいいながら、ストーリーといい、動きといい、十分に楽しめました。これが見られただけで、入場料300円の元はとれたというものです。

 ところで、ラスト近く、「ロボットにも人権を」と訴える集会が開催されます。一瞬、その垂れ幕の「権」の字が、旧字体の「權」(正確には、2つの「口」がつながった字)になっているのが見えた! と思ったら、次のシーンでは、「木へん」に「又」を書く「权」という略字がちらり!

 これが放送されたのは、1963(昭和38)年1月1日。当用漢字字体表によって新字体が制定されてから、15年近く経っています。それでも、さまざまな字体が生きていたことがよくわかります。

 アトムを見に行って、シンフォニーを耳にして、漢字を見つけて帰ってくる。なんとも収穫の多い1日でした。

|

« カレーの邪道な作り方 | トップページ | 15年ぶりの棚 »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/49646777

この記事へのトラックバック一覧です: アトムとシンフォニーと漢字:

« カレーの邪道な作り方 | トップページ | 15年ぶりの棚 »