« その勢いでどこへ行く? | トップページ | リンゴの季節がやってきた! »

2012年10月21日 (日)

大きな大げさ、小さな大げさ

 漢詩や漢文は表現が大げさだ、とよく言われます。李白の「白髪三千丈」なんていうのはその典型で、3000丈とは約9.3km。たしかに、誇張にもほどがあります。

 でも、大げさな表現を好むのは、漢詩文には限りません。日本の古典によく出てくる「涙で袖を絞りにけり」なんていうのも、冷静に考えれば「そんなバカな!」というところでしょう。文学というものは、誇張表現を内蔵しているもののようです。

 誇張というと、実際よりも大きく見せることのように思いますが、その逆もあります。たとえば、陶淵明は『帰去来の辞』の中で、地方官を辞めて自宅に戻ったときの心地よさを、次のように歌っています。

 「南窓なんそうに倚りて以って寄傲きごう
  膝を容るるの安んじ易やすきを審つまびらかにす」

 南向きの窓に寄りかかってくつろぐと、狭い我が家の落ち着きやすさがつくづく実感される、というのです。

 ここで気になるのは、「膝を容るる」という表現。自宅が狭くて「膝がやっと収まるくらい」だというのですが、いくらなんでも、それは大げさ! こういう、小さい方への誇張表現も、文学の中には探せばいろいろあるのかもしれません。

Photo

 秋も深まって、だいぶん寒くなってきました。ぼくはここ数年、男らしくもなく冷え性に悩まされていて、机に向かってじっと仕事をしていると、足先が極度に冷たくなって、放っておくと体全体の調子が悪くなってしまいます。

 そこで、昨年から導入したのが、写真のクッション。ちょうど足先が入るようにできていて、中に使い捨てカイロを入れておけば、冷え性対策は万全です。おまけに、節電にも効果あり。大泉学園のゆめりあフェンテの中にある雑貨屋さんで偶然、見つけて、重宝しています。

 ちょうどつま先が入るくらいの心地よさ。そこから、陶淵明を思い出したという次第。つま先であれ膝であれ、「ぴったり感」というものは落ち着くための重要な要素なのです。

|

« その勢いでどこへ行く? | トップページ | リンゴの季節がやってきた! »

漢詩・漢文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/47533996

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな大げさ、小さな大げさ:

« その勢いでどこへ行く? | トップページ | リンゴの季節がやってきた! »