« ○活語のゆくえ | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »

2012年9月27日 (木)

ここで世界は終わらない

 数年前から電子書籍が騒がれるようになって、「紙の本の運命は?」などと問いかけられることも多くなりました。そんな中で、本作りに携わってきた者として、折に触れて自問自答してみる問いが、1つあります。

 電子書籍と紙の本では、いったい、何が違うのか?

 電子書籍は場所をとらない。小さな端末に何千冊も詰め込んで持ち歩くことができる。あるいは、電子書籍ではだれでも手軽に「出版」することが可能になる。そんなことも言われます。ただ、それは、煎じ詰めて言えば「本の売り買い」に関するお話であって、「本作り」のお話ではないような気もします。

 NHK出版さんから、新刊の『中国文明の謎 中国四千年の始まりを旅する』が届きました。10月から放送する3回シリーズのNHKスペシャルのガイドブックで、編集協力と地図作成で関わらせていただきました。まぼろしの夏王朝から始皇帝の秦の統一まで、近年の新しい知見に豊富な図版が盛りだくさんという、なかなかおもしろい1冊になっています。

Photo

 ぱらぱらと開いて見ておりましたら、気のついたことが1つ。それは、写真の裁ち落としが多用されていることです。写真の多い本では常套ともいえる編集技法ですが、ふと思ったのは、これは電子書籍では可能なのだろうか、ということでした。

 紙の端の端まで写真を印刷することで、その限界を超えた広がりを読者に感じさせる。電子書籍のビューワーには枠がありますから、どうしてもこうはいきません。少なくとも現時点では、電子書籍では裁ち落としという技法は使えないと思われます。

 電子辞書にも紙の本にも、それぞれの編集技法があるはずです。どちらが優れているとか、電子書籍が紙の本を駆逐するとかしないとか、そんな議論とは別に、それぞれの媒体に見合った編集技術を磨いていく。それこそが、「本作り」の現場に求められていることなのだろうと思います。

|

« ○活語のゆくえ | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »

出版・編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/47226541

この記事へのトラックバック一覧です: ここで世界は終わらない:

« ○活語のゆくえ | トップページ | ホームページ開設のお知らせ »