« なつかしの大衆食堂 | トップページ | 煮詰まり具合を嘆きながら… »

2012年8月 9日 (木)

夏の朝の一苦労

 出入りしているフリーの猫くんが、夏に入って皮膚病にかかってしまいました。近所の獣医さんに相談したところ、抗生物質を処方してもらったので、数日前から朝夕、食事に混ぜてのませています。

 それまでは、ドライタイプのキャットフード(通称、カリカリちゃん)をあげていたのですが、これでは薬は混ざらない。そこで、シーチキンタイプのものも用意。お水と合わせると3皿という、ちょっとしたコース料理です。

 ところが、昨夕から急に、シーチキンタイプに口をつけなくなりました。今朝もそうで、お腹が空いたとばかりにニャアオ〜オゥと鳴き、果ては前足で壁をガリガリやったりするのですが、なかなか食べてはくれません。

Photo

 こっちは薬が気になるので、「お願い、これを食べて」「食べたらカリカリちゃんあげるから」などと言って、なだめすかして食べさせます。ちょっと食べたらまたカリカリちゃんを欲しがるのを、なでて落ち着かせては、またシーチキンタイプに気を向かせる。そんなこんなで、30分近く付きっきりで、なんとか食べさせました。

 それでは約束通り、カリカリちゃんをあげましょう。持って出ると、いきなり飛びついて、こちらはあっという間にペロリ!

 それを眺めながら、子育てっていうのはこんな感じなんだろうか、と思ったものでした。

 食べ終わったフリー猫くん、ひとしきり水を飲んでから、満足そうに舌なめずりをすると、そのままどこかへ行ってしまいました。思いのほか涼しい朝ですから、久しぶりにちょっと遠出でもするのでしょうね。

|

« なつかしの大衆食堂 | トップページ | 煮詰まり具合を嘆きながら… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/46630735

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の朝の一苦労:

« なつかしの大衆食堂 | トップページ | 煮詰まり具合を嘆きながら… »