« 編集者的閉所恐怖症 | トップページ | こんな使い方もあったのか…… »

2012年4月27日 (金)

タイガースと四字熟語

 2〜3週間に1度、父の様子を見に兵庫県まで出かけます。父が今、住んでいるのは、ぼくの生まれ育った西宮市から川を1つ隔てたところ。「実家に帰る」という意識はさすがにないのですが、六甲山を見上げるたびに「また帰ってきたなあ」という思いだけは湧いてきます。

Photo

 父の住んでいるシニアマンションの近くには、地元では「あましん」の愛称で親しまれている尼崎信用金庫の小さな支店があります。その店頭に、球春の到来とともに写真のような貼り紙がされました。さすが地元、信用金庫だってタイガースを応援しているのです。

 その前を通りすぎるたびに、「獣王無敵」とはおもしろいことばだなあ、「縦横無尽」のもじりかなあ、などとぼんやりと考えていておりました。まったく、ウカツな話でありました。

 しばらくして、テレビで野球中継を見ていたときのこと。甲子園球場の内野席に、「獣王無敵」の横断幕がかかっているではありませんか! ああっ! そんなことに気づかなかったなんて、ぼんやりが好きにもほどがある!

 かの有名な、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」。ブレーブスの身売り以来、在阪球団を広く応援しているぼくだって、よく知っています。神宮球場のレフトスタンドで合唱したこともあります。その2番の歌詞に、次のようにあるではないですか。

 「獣王の意気 高らかに
  無敵の我等が 阪神タイガース」

 ひとつづきの文章の中の印象的な2文字ずつが組み合わさって四字熟語ができることは、よく見られます。「電光石火」とは、禅の書物にある「石火を撃つがごとく電光を閃かすがごとし」という一節から生まれたことば。また、中国の歴史書に出てくる「むしろ鶏口(けいこう)となる牛後(ぎゅうご)となることなかれ」という台詞が、縮まって「鶏口牛後」という四字熟語になった例もあります。

 とすれば、「獣王無敵」も十分に、四字熟語としての資格を備えているといえましょう。いつの日か、このことばがもっと一般化して、四字熟語辞典に収録されるときが来るのでしょうか。

 それにしても、そのときには、意味はどんなふうに説明されるのでしょうねえ。

|

« 編集者的閉所恐怖症 | トップページ | こんな使い方もあったのか…… »

漢字・ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1639146/45042710

この記事へのトラックバック一覧です: タイガースと四字熟語:

« 編集者的閉所恐怖症 | トップページ | こんな使い方もあったのか…… »